【最適解】バイク歴16年の夏のバイク服装11個の全アイテム

これ以上暑さを軽減できる装備を僕は知りません。ちゃんと暑さ対策をした装備、服装をして少しでも快適に





過去記事から読み上げ機能を実装しています。上にYoutubeのサムネイルがある場合、タップしていただければ読み上げ機能が発動します。 冒頭はチャンネル紹介ですので30秒程度飛ばして頂いても結構です。 記事内容の補足説明も入れていますので読み上げをスタートさせてから一緒に記事を読むとより楽しめます。別の作業をしながら聞き流していただいても楽しめます。
疎開中みたいになっちゃた・・・









この記事に辿り着いた方は




・夏のツーリングが暑くて仕方がない
・暑いから夏はTシャツ1枚で乗っている
・日焼けすることは1回無視している
・一番バイクに涼しく乗られる装備を知りたい


と言う方ではないでしょうか。


この記事ではいつの間にかバイク歴16年になっていた僕が辿り着いた「夏1番涼しい格好」をご紹介していきます。この装備と 夏のバイクツーリングを涼しく快適にするたった1つの非常識な裏技 >>>こちらを実行すればいままでのあなた史上最も快適に夏を楽しむことができますよ!








長年調べて、試して、トライ&エラーの積み重ねの頂点に君臨する装備達です。
自分で最善の装備を探すのもいいですがその膨大な時間とお金、無駄になりますよ。



近道近道!



ヘルメット

フルフェイスヘルメット



夏は虫がバンバン飛んでくるため、シールドで目を保護しないと目もやられてしまいます。虫の群れに突っ込むと両目同時にいかれてしまいます。

突然の夕立に見舞われると目も開けていられません。


しかしなんといっても一番怖いのは「紫外線」です。



「ほんとにバイク乗ってんのか?」という女性ライターが「夏はジェットヘルメットがおすすめ♡」などとトンデモ記事をぶっ放していますが、そんなもんに惑わされてジェットを購入してはいけません。


半ヘルはもちろんジェットでは露出する部分がフルフェイスと比べて広くなります。顔面もろみえです。その部分がどんどん日焼けしていきます。サングラスをかけてバンダナを口元に巻いて日焼けを防止している風の方を結構見ますがフルフェイスと比べると防げている部分は狭いです。安全面的にもフルフェイスの方が圧倒的に優れています。



日焼け止めは顔だけでなく、首の後ろと手首にもたっぷり塗りましょう。

どのフルフェイスが一番いいのか



なるべくベンチレーションが効くヘルメットを使いたいですよね。しかし残念ながら選択肢はありません。みなさま「ベンチレーションが少しでもいいものを!」と思いがちですが、残念!頭の上を風がスースー通るようなベンチレーションなんてこの世にありませんよ!たぶん。


「ベンチレーション効く!」「効かない!」というのは多少の差はあるのかもしれませんが僕は「ドングリの背比べ」程度の差だと思っています。


ドングリの背比べでもいいから少しでも!と言う方は「ベンチレーションを売りにしているヘルメット」を購入してみて下さいね。自分を納得させるのも大切なことです。もしめっちゃ効いたら教えてください。僕もそれ買います。


バイクのヘルメットのメンテナンス代がほぼタダになる代用品5選 は>>>こちら
【注意喚起】ヘルメットに消臭スプレーを使ってはいけないたった1つの理由は>>>こちら
【8ステップ】ヘルメットの洗い方【専用クリーナー不要】は>>>こちら
たった2工程で終わる、簡易的なヘルメットの洗い方 は>>>こちら
地面に置きたくない場合のバイクヘルメットの置き方 は>>>こちら
休憩中にバイクのヘルメットを置いておくべき最も適した場所1選 は>>>こちら
バイクのヘルメットメーカー9社のイメージと9種のランキング は>>>こちら
「バイクのヘルメットの耐用年数は3年」をクリアする方法1つと解釈1つ は>>>こちら
バイクのヘルメットサイズを決めるたった1つの方法 は>>>こちら
ヘルメットのシールドの効果とクリアシールドを選ぶたった1つの理由は>>>こちら
ヘルメット規格の解説と8つの規格の安全性ランキング>>こちら
ヘルメットにBluetoothレシーバーを取り付ける方法とちょっとしたコツを1つだけは>>>こちら
OGKカブトがJIS規格の認証取り消しになった問題の本質2点は>>>こちら

メッシュジャケット





プロテクターも入っているし風は通るし日焼けはしないし最高の夏装備です。Tシャツより全然涼しいし日焼けしないし防御力高しい最高ですよ。


パンチングレザージャケット不要論 は>>>こちら

着る日傘





皆さん日傘使ったことあります?「美川憲一かよ」ってあれにしていたんですが、あれすごいですね。本当に涼しくなるんですよ。日焼け防止っていうより本当単純に「暑さ対策」ですね。一回使ったら手放せません。



メッシュジャケットは「着る日傘」って感じです。中途半端に「ハーフメッシュ」ではダメです。どんだけ気温で刻むのよって。潔く「フルメッシュ」です。



メッシュジャケットの色




ジャケット類全てに言えることなんですが、経験的に白はオススメしません。排ガスですぐ汚れてしまいます。




先日タンクトップで走っているハーレーの方を見ましたが免許取り立てでしたかね?初ツーリングでしたかね?この世に生まれたてでしたかね?まだ生まれてないってこと?また妖怪でたか?





妖怪半袖H2おじさんは>>>こちら

胸部にハードプロテクターが入っているものがおすすめ




肘、肩はもちろん、胸部にハードプロテクターがついているものを強くおすすめします。胸部はオプション扱いが多いんです。初めから付いているものを買えば話は早い!


バイク事故で星になる原因2位が胸部への衝撃ですからね。胸もしっかり守りましょう。
ちなみに1位はもちろん「頭部」です。僕は我が身可愛いので半ヘルなんて被れませんね。






上のもので機能は十分ですが、他にも何やら良さげなものや、僕には買えないけど高級で良さそうなもの貼ってみます。





どんなメーカーのバイクでも違和感のないもの、
信頼のおけるブランドであること、
年齢に関係なく着られること、
より真夏のライディングに適したデザイン(フードなどはNG)、
素材(パンチングレザーではなくポリエステル等が良い)


であることを念頭に選んでみました。





女性用も貼っておきますが「女性はこういうの着たいだろう」とロクにマーケティングしていないおっさんがデザインしたようなものが多いので、しっかりしたプロテクターを買ってその上からお好みのロンTでもいいと思います。僕は「デザインなんて関係ない」と言う考えですが、女性の場合そうもいかないと思うので。



男性諸君は四の五言わずにジャケットで行って下さい。



↑胸部プロテクターはありません↑

↑珍しくSサイズもあるので女性用かと思います↑







胸部のプロテクターがオプション扱いが多いのは「暑いから」という理由で嫌がる人がいるからだと思います。自分の胸が潰れてしまうリスクと少しの涼しさを天秤にかけて判断して頂ければと思います。


僕はプロテクター入りのものを選んでいます。

メリット4つとデメリット2つ、おすすめのインナープロテクター は>>>こちら
ボタン1つ】世界一簡単なメッシュジャケットの洗い方【ポチッとな】 は>>>こちら
レザージャケットとレザーパンツの手入れはたったの3ステップ は>>>こちら
世界で唯一「バイクウエアがダサいから着ないという人が存在しない」を証明できた記事 は>>>こちら
「バイクウエアがダサイから着ない」と言う人がとてつもなくダサイ問題 は>>>こちら
1つの事故からバイクウエアの重要性を説く記事~瀕死の重傷を負った体験談~ は>>>こちら
バイクウエアがダサい問題~バイクウエアにおしゃれを持ち込む愚かさ~ は>>>こちら
アマリングと服装の摩可不思議な関係 >>>こちら

メッシュグローブ



手にもたくさん汗をかきます。とても革のグローブではバイクに乗る気になりません。

グローブも何気に熱が籠るんですよね。30度以上であれば迷わずメッシュグローブで行きます。どれを買っても涼しさは同じなのでデザイン、価格が気に入ったものを選んで下さい。





【たったの2ステップ】世界一簡単なバイク用メッシュグローブの洗い方 は>>>こちら
【たったの4ステップ】専用オイルを使わない革のバイクグローブの洗い方 は>>>こちら
バイク用品で最もテンションがアガるグッズはグローブである論 は>>>こちら

インナーグローブ

付けてる人はあまりいないですがとっても大切なインナーグローブですね。汗を吸ってくれるし操作性もあがる、いいことづくめのインナーグローブです。裏返して外側縫製にしてつけ心地を上げましょう。


高価な専用品を買う必要は全くありませんよ。





バイクグローブを洗濯せずに済み、操作性も上がる激安便利グッズ >>>こちら

黒くて裾の長い速乾タイプのインナー




僕みたいに「白の方が太陽光反射するから白にしよー」と考えると休憩中にニップルが透けます。白を買って上からかわいいTシャツを着るという方法もありますが、着ているものはなるべく減らしたいですから黒をチョイスしてください。



裾が長いやつでないとバイクに跨がったときに腰が見えたり、何より気になって不快なんですよね。


速乾性の下のインナー





まぁこれはズボンが直接肌に触れなければいいので速乾性があるならなんでも。ジーパンでも革パンでも直接はベタベタして気持ち悪いですよ。


革パン




僕は真冬でも真夏でも同じ革パンです。バイクに対するグリップが最高にいいのと、プロテクターがついているのと、牛革はこの世で最も摩擦に強い生地なので革パンしかか履きません。何よりエンジンの熱が耐えられません。ジーパンで乗ってる人は熱耐性があるんでしょうか?男性の方は絶対>>>たんたん狸状態になってますよねあれ。ニーグリップしないのかなぁ・・・?



バイクにレザーパンツをおすすめする4つの理由と4通りの選び方 は>>>こちら
DEGNER DP-27 バイク用デニムパンツを買ったけど結局レザーパンツを履いている件 は>>>こちら
レザージャケットとレザーパンツの手入れはたったの3ステップ は>>>こちら

メッシュパンツ



いやー革パンはあれかなーという方にはこちらのメッシュパンツ。実は興味があります。革パンより確実にバイクとのグリップとエンジン熱遮断効果(通気性と相殺?)と摩擦耐性は劣るでしょうが、天秤にかけてから買ってみようかなと思っています。去年までは夏は大嫌いな仕事のせいであまりバイクに乗れなかったけど今年は乗れそうだしなぁ。



白だけど・・・

↓これはインナープロテクター↓

ブーツ


いつものバイク用のブーツを使って下さい。


通気性のいい、ベンチレーションシステムがついているブーツもあります。使ったことありますが、「極端に足を内側に向ける」とか、かなりこっちから能動的に風を迎えにいかないと機能しません。ずっと内股で走るわけにもいかないし。高いし、わざわざ夏のために買うようなものではないです。いつものブーツが一番ですよ。

バイク用ブーツを常に清潔に保つ手入れ方法はたったの3工程

靴下





五本指ソックスをオススメします。普通のものよりさらっと履けますよ。短い靴下はパンツやブーツと皮膚が触れてしまうと鬱陶しいしのでダメです。


↑むくまない機能プラスナイス↑

パンツ(下着)



履きません。ノー下着です。速乾性の下のインナーがパンツです。


携行すべきインナー



一切不要


季節や最高気温によっては「防風インナー」や「薄いダウン」などを寒暖差に備えて持っていかなければなりませんが真夏の条件では一切不要です。朝早く出る場合も不要です。夜遅くなる場合でも全く必要ありません。暑いんです!


まとめ



いかがでしたでしょうか。夏のバイクは服装を間違えると本当にきついので快適装備で快適ツーリングに行ってください。


いつも被っているフルフェイスヘルメット
メッシュジャケット
メッシュグローブ
インナーグローブ
黒くて裾の長い速乾タイプのインナー
速乾性の下のインナー
革パン or メッシュパンツ
いつものバイク用のブーツ
五本指ソックス
ノー下着
携行すべきインナーはなし



という感じであなたの夏のツーリングがうまくいきますように!



最高気温毎にベストな装備を紹介していく段取りでしたが暑くなったので取り急ぎ「暑さに対してマックス」の装備を紹介しました。





真夏のスマホの熱暴走を永遠に解決する世界で唯一の3ステップ は>>>こちら
夏のバイクツーリングを涼しく快適にするたった1つの非常識な裏技 は>>>こちら
真夏はバイクもライダーも日陰に入るだけで疲れ方が全然違うという記事 は >>>こちら
世界で唯一「バイクウエアがダサいから着ないという人が存在しない」を証明できた記事 は>>>こちら
【最適解】バイク歴16年の夏のバイク服装11個の全アイテムは >>>こちら
ツーリングを延期(中止)する4つの絶対的ルールを持つことの重要は>>>こちら



僕にロッコルを履かせて!






あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

【最適解】バイク歴16年の夏のバイク服装11個の全アイテム” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA