最高気温30度超えの真夏ツーリングの装備、服装の答え~少しでも涼しくして快適に~

これ以上暑さを軽減できる装備を僕は知りません。ちゃんと暑さ対策をした装備、服装をして少しでも快適に




どんな服装で真夏、お盆休みツーリングを乗り切るかです。
下記のセットが経験上一番快適です。現在流通しているもののオススメのリンクも貼っておきます。


長年調べて、試して、トライ&エラーの積み重ねの頂点に君臨する装備達です。
自分で最善の装備を探すのもいいですがその膨大な時間とお金、無駄になりますよ。



◯ヘルメット


いつも被っているフルフェイスヘルメット


真夏でも半ヘルやジェットヘルメットではいけません。顔が日焼けしまくります。


残念ながらヘルメットは選択肢がありません。「ベンチレーションが少しでもいいものを!」と思いがちですが、残念!頭の上を風がスースー通るようなベンチレーションなんてこの世にありませんよ!たぶん。



◯メッシュジャケット





プロテクターも入っているし風は通るし日焼けはしないし最高の夏装備です。Tシャツより全然涼しいし日焼けしないし防御力高しい最高ですよ。

皆さん日傘使ったことあります?「美川憲一かよ」ってあれにしていたんですが、あれすごいですね。本当に涼しくなるんですよ。日焼け防止っていうより本当単純に「暑さ対策」ですね。一回使ったら手放せません。



メッシュジャケットは「着る日傘」って感じです。中途半端に「ハーフメッシュ」ではダメです。どんだけ気温で刻むのよって。潔く「フルメッシュ」です。最高気温ごとに、インナーで調整して刻みます。



経験的に白はオススメしません。排ガスですぐ汚れてしまいます。




先日タンクトップで走っているハーレーの方を見ましたが免許取り立てでしたかね?初ツーリングでしたかね?この世に生まれたてでしたかね?まだ生まれてないってこと?また妖怪でたか?



妖怪半袖H2おじさんは>>>こちら




肘、肩はもちろん、脊髄と胸部のプロテクターも付いてきてこの値段は買いです。特に胸部はオプション扱いが多いんです。バイク事故で星になる原因2位が胸部への衝撃ですからね。胸もしっかり守りましょう。


ちなみに1位はもちろん「頭部」です。半ヘルなんて被れませんね。






他にも何やら良さげなものや、僕には買えないけど高級で良さそうなもの貼ってみます。


どんなメーカーのバイクでも違和感のないもの、
信頼のおけるブランドであること、
年齢に関係なく着られること、
より真夏のライディングに適したデザイン(フードなどはNG)、
素材(パンチングレザーではなくポリエステル等が良い)


であることを念頭に選んでみました。


女性用も貼っておきますが「女性はこういうの着たいだろう」とロクにマーケティングしていないおっさんがデザインしたようなものが多いので、しっかりしたプロテクターを買ってその上からお好みのロンTでもいいと思います。僕は「デザインなんて関係ない」と言う考えですが、女性の場合そうもいかないと思うので。



男性諸君は四の五言わずにジャケット
で行って下さい。



↑胸部プロテクターはありません↑

↑珍しくSサイズもあるので女性用かと思います↑

メッシュグローブ

グローブも何気に熱が籠るんですよね。30度以上であれば迷わずメッシュグローブで行きます。

インナーグローブ

付けてる人はあまりいないですがとっても大切なインナーグローブですね。汗を吸ってくれるしいいことずくめのインナーグローブです。裏返して外側縫製にしてつけ心地を上げましょう。



インナーグローブに関しては近々記事にします。




黒くて裾の長い速乾タイプのインナー




僕みたいに「白の方が太陽光反射するから白にしよー」と考えるとニップルが透けますよ。白を買って上からかわいいTシャツを着るという方法もありますが、着ているものはなるべく減らしたいですから黒をチョイスしてください。

裾が長いやつでないとバイクに跨がったときに腰が見えたり、何より気になって不快なんですよね。


速乾性の下のインナー





まぁこれはズボンが直接肌に触れなければいいので速乾性があるならなんでも。ジーパンでも革パンでも直接はベタベタして気持ち悪いですよ。



革パン




僕は真冬でも真夏でも同じ革パンです。バイクとのグリップが最高にいいのと、プロテクターがついているのと、牛革はこの世で最も摩擦に強い生地かもしれないので革パンしかか履きません。何よりエンジンの熱が耐えられません。ジーパンで乗ってる人は熱耐性があるんでしょうか?あれ絶対すっごいたんたん狸状態になってますよねあれ。



メッシュパンツ




いやー革パンはあれかなーという方にはこちらのメッシュパンツ。実は興味があります。革パンより確実にバイクとのグリップとエンジン熱遮断効果(通気性と相殺?)と摩擦耐性は劣るでしょうが、天秤にかけてから買ってみようかなと思っています。去年までは夏は大嫌いな仕事のせいであまりバイクに乗れなかったけど今年は乗れそうだしなぁ。




↓これはインナープロテクター↓

ブーツ


いつものバイク用のブーツを使って下さい。



通気性のいい、ベンチレーションシステムがついているブーツもあります。使ったことありますが、「極端に足を内側に向ける」とか、かなりこっちから能動的に風を迎えにいかないと機能しません。ずっと内股で走るわけにもいかないし。高いし、わざわざ夏のために買うようなものではないです。いつものブーツが一番ですよ。


靴下





五本指ソックスをオススメします。普通のものよりさらっと履けますよ。短い靴下はパンツやブーツと皮膚が触れてしまうと鬱陶しいしのでダメです。


↑むくまないナイス↑

パンツ(下着)

履きません。ノー下着です。速乾性の下のインナーがパンツです。

携行すべきインナー

一切不要

季節や最高気温によっては「防風インナー」や「薄いダウン」などを寒暖差に備えて持っていかなければなりませんが真夏の条件では一切不要です。朝早く出る場合も不要です。夜遅くなる場合でも全く必要ありません。暑いんです!

最高気温毎にベストな装備を紹介していく段取りでしたが暑くなったので取り急ぎ「暑さに対してマックス」の装備を紹介しました。



スマホの熱暴走対策は>>>こちら
真夏ツーリングを快適にする答えは>>>こちら
暑い日は日陰に逃げるは >>>こちら
バイクウエアがダサいから着ないという人の答えは>>>こちら



僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

最高気温30度超えの真夏ツーリングの装備、服装の答え~少しでも涼しくして快適に~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です