高速道路の合流(する場合)

バイクの加速性能を発揮させてスムーズに



「料金所→(あれば分岐)→合流車線へ向かうカーブ→合流車線→めでたく本線へ」という流れになります。



料金所を無事クリアしても本線へ合流するまで安心してはいけません。



事前に頭に入れた方、ナビが差すほうへ分岐をクリアします。



間違えたらえらいことなる





そのあと合流車線に向かうクロソイド曲線のカーブ(すごい曲がりやすいカーブ)でもスピードに十分気を付けてください。




路面が荒れている場合も結構ありますし、万一転倒などしたら後続車に物凄く迷惑をかけてしまいます。周りの流れに乗ってゆっくり曲がりましょう。ここは飛ばす区間ではないので無理せず。






クロソイド曲線のカーブが終わって直線になればいよいよ合流車線です。




右の本線を目視して車の流れを掴んでください。



気を付けなければならないのが「本線との速度差」です。目視で本線の流れを確認して本線の速度域と同じ速度まで速度を上げます。遠慮なしです。



本線が流れていれば恐らく80~100キロくらいではないでしょうか。幸い我々の乗るバイクには車と比べて加速性能が段違いに良いです。




こちらは60 km/h 、走行車線は100km/h
このままじゃ無理
がーっと加速!





バイクのパワーウエイトレシオは>>>こちら




思ったより楽に合流できます。「ここで入るよ!」というところでウインカーを出して目視で確認して大丈夫そうなら本線に合流してあとは危険の少ない本線を走っていくだけ!


速度差がないから安全にすんなり入れる





お疲れさまでした!

まとめ

◯分岐に注意して進む
◯カーブは飛ばさない
◯直線になったら本線を目視して80~100キロメートルくらいまで加速
◯目視してからウインカーを出して合流



※ウインカーを出すタイミングは直線になってすぐでもいいのですが僕は本線走行車に明確に「ここから入るからね!頼むね!」と伝えたいので入りたい場所が見つかってから出しています。まぁお好みで。

高速道路への入り方は>>>こちら

僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です