ソロツーリングは孤独か自由か

自由と捉えられる人はマスツーも心から楽しめる

君ってずっと休憩してるよね!



バイクという乗り物は基本的に一人で乗るものです。

一人で走るライダーをみて「孤独なライダー」と捉えるか「自由なライダー」と捉えるか。






「孤独なライダー」ととらえる人はバイクを趣味にするのに向いていない気がします。(実は孤独もすごっく楽しいんですがそれはまた別の話)



孤独と捉える人は自覚はなくても自由なバイクを単なるコミュニケーションツールとして見ているのかもしれません。





お揃いの革ジャンに身を包んで、夜なのにサングラスをかけ、ニックネームで呼び合い、SAの駐車場(駐輪場ではない)でチュッパチャップスを舐めている集団の一人になりそうです。




あーもったいないもったいない。




一人で走るなんて何が楽しいの?意味ないじゃん。といった感じですかね。




ソロツーリングを楽しいと感じられないとマスツーリングをしたときにバイクがただのコミュニケーションツールに成り下がってしまうでしょう。




「自由だなぁ」と感じられる方はソロではもちろん、マスツーに行ったときもそうでない人(コミュニケーションツールになっちゃってる人)よりも何百倍も楽しく参加できると思いますよ。




バイク乗りの中にもソロツーリングを下にみているような感じの人がたくさんいますがそういう人はバイクというコミュニケーションツールを使って寂しさを埋めている人だと思います。




よくわかんないけど!






僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です