バイクが精神に影響を及ぼす例~孤独について~

極上の孤独と無限の宇宙の広がりを感じられる

悟りは開いてないけど頭の中曼荼羅的な・・・?




初めから意味不明で申し訳ありません。上の一文で「なるほどね」と思った方、今度一緒に蕎麦でも食べませんか



バイクに乗っているときにのみ、稀に発動する思考回路についてです。




言葉にするのが凄く難しいので凄く抽象的な話をしてしまいますが「ヘルメットを被ったらヘルメットの中には自分しかいないんです。」もちろん周囲の車や歩行者を気にしながら運転していますよ。




ひとりぼっちだけど世界と繋がっている

「ヘルメットの中には自分しかいない」という感覚と「他者の中で活動している自分(公道で周りと関わりなら走っている)」という感覚をどんどん掘り下げていると「世界にひとりぼっち」という感覚と「世界中の全てと繋がっている」という思考が同時に頭の中に出来上がります。




世界にひとりぼっちを選択した場合

そこから「世界にひとりぼっち」の方を選択し、思考を進めてどんどん自分の内に内に沈んでいくと、凄く心地のいい孤独を味わえます。





もーね、割と「ド・孤独」。自分が研ぎ澄まさせていくというか凄く心が穏やかになるけど研ぎ澄まされていきます





自分一人で生きているような。バイクに乗ってるとき以外ちょっと味わったことがない感覚です。






世界中の全てと繋がっているを選択した場合




「世界中の全てと繋がっている」方を選択すると、周りの景色がより鮮明に浮き出てきます。


道沿いに無数に生えている木から伸びている、更に無数の葉っぱの一枚一枚を認識出きるような感覚です。



頭の先から出たなにかが宇宙の果てまで届いたような。




世の中に生かされているような感じがします。




ニューロン(自分)が、シナプス(頭の先から出た何か)を介して他の全てのニューロン(宇宙の果てから道沿いの葉っぱまで)と繋がれたような感じ。

他にも例えようは有るのでしょうが今頭に浮かんできたのはこんな感じです。全っ然わからなくてごめんなさい。自分でもよくわかってないです。実はわかっています。皆様もしばらく乗れば多分わかります




この感覚はソロツーリングのときにしか発動されません。しかも気温と湿度、シンクロ率、走っている道、など全てが最高の状態のときのみです。

ニューロン的な

シンクロ率は>>>こちら



素人ライダーの僕レベルですら上記のような感覚になるので「一人でバイクで日本一周、世界一周」とかしてる人は飛んでもない孤独になる思考、飛んでもなく世界の全てを感じる思考をしながら走っているんだろうなぁと羨ましく思ったりします。

>>>思考回路はショート寸前。今すぐ乗りたいよ。





僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

バイクが精神に影響を及ぼす例~孤独について~” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です