【バイクあるある】バイク乗りが車を運転したときにありがちなこと


この記事に辿りついた方は

  • バイクあるある早く言いたい
  • 前を走る車を見ると「バイク乗りかな?」と思うことがある


という方ではないでしょうか。

バイクあるあるかはわかりませんが、バイク乗りの僕が車に乗っているときに気が付いた「これってバイクに乗ってるからこう思うのかな」と思うことを書いていきます。

大した内容ではないですがなんとなく惰性で最後まで読んで一瞬でも「あるよね~」と思って頂ければ幸いです。

  • フレームが邪魔に感じがち
  • 目視できないと感じがち
  • 雨の日周りの車の速度にドン引きしがち
  • 首都高の逆バンク気にしすぎがち
  • 車線変更難しく感じがち
  • 追い越し下手に感じがち
  • 隣に停まったバイク見過ぎがち
  • 雨のライダーに同情しがち
  • 「ここバイクで来るわ」といって結局行かずじまいがち
  • 無責任にバイク批評しすぎ
  • すり抜けライダーに道ゆずりがち
  • 他の車とブレーキングのタイミングが違いがち
  • 無駄アウト・イン・アウトしがち
  • 右直事故警戒しがち
  • 左折気を使いがち
  • 駐車下手すぎがち
  • 疲れなさすぎがち

フレームが邪魔に感じがち【バイクあるある】

邪魔!

バイクに乗ると視界を遮るものが全くないので、車に乗ったときに車のフレームがすごく鬱陶しく感じがち。
しばらく運転すると違和感は消えるけど、特に横断歩道をまたいで右左折する交差点で「こんな危ないもん運転したくねー!」と思いがち。歩行者見づらいがち。あるある。

目視できないと感じがち【バイクあるある】

取っ払ってしまえ!

これもフレームが邪魔に感じがちと同じなのですが、車線変更をするときなどの目視のときに後ろのフレームが邪魔で「目視しづれー!」と思いがち。ミラーだけじゃ心配なんだけど、目視でも十分安心できるレベルではないがち・・・。まぁこれが普通なんでしょうけど。というかしばらく走っていると普通になりがち。あるある。

雨の日周りの車の速度にドン引きしがち【バイクあるある】

バイクに乗っているとマンホールの上でつるっとしたり、白線でつるっとしたりすることがたくさんあるので濡れた路面への警戒心はかなり高くなりがち。「濡れた路面=滑るもの」と思っているのでものすごく安全運転になりがち。
周りの車の速度にドン引きするレベルで遅くなりがち。

あるある。

首都高の逆バンク気にしすぎがち【バイクあるある】

「首都高の逆バンク=転んだら色々終わるもの」と思っているので車では影響がないような逆バンクでもかなり安全運転しがち。これで雨でも降っていようものなら制限速度で走るレベルになりがち。周りのイケイケぶりにドン引きしがち。あるある。

ETC車載器がない車両が首都高の一般料金所を通過する最も楽な方法

追い越し下手に感じがち【バイクあるある】

車に比べてバイクは加速性能が優れているのでスイスイ追い越し車線に入って抜いていくことができますが、同じ感覚で車線変更しようとすると「こんなに進まないもん?」と思っていしまがち。ゆーっくりゆーっくり抜いていく感じになって若干気まずくなったりするので追い越しはなるべくしないようになりがち。あるある。

>>>追い越し車線の美しい走り方

隣に停まったバイク見過ぎがち【バイクあるある】

信号で隣や前に停まったバイクがいたらもう大変。舐め回すように見てしまいがち。あるある。

ライダーが見られていることに気づきがち

隣のライダーが「隣の車見てくるなー」と思っているのわかりがち。どれくらいの角度ならヘルメットかぶっていてもこっちが見えているかだいたいわかるのでわかりがち。わかった上でもバイク見られるのは嬉しい気持ちになるのも知ってるからそれでも見続けがち。あるある。

目があったら会釈しがち

隣のライダーと目が合ったら会釈しがち。音楽聞いてるかもしれないからわざわざ「かっこいいですね」とか言わなくしがち。音楽一時停止すると話しかけられていることもあるので今まで何人もの人を無視してきたんだろうなとおもいがち。あるある。

雨のライダーに同情しがち【バイクあるある】

雨の辛さを知っているので雨の中走っているライダーを見ると「大変だなぁ・・・」と思いがち。車の素晴らしさを痛感する瞬間。あるある。

バイクに雨の日に乗らないと1000000円得をするという話
バイクツーリングにカッパを持って行く素人を全否定する記事

真夏のライダーに同情しがち

真夏の辛さを知っているので(以下略)。と感じつつも次の休みにはクソ暑い中バイクに乗っていがち。あるある。

真夏のスマホの熱暴走を永遠に解決する世界で唯一の3ステップ
【最適解】バイク歴16年の夏のバイク服装11個の全アイテム

[ad01]

「ここバイクで来るわ」といって結局行かずじまいがち【バイクあるある】

車でちょうどいいワインディングを走ったときに「ここバイクで来たら気持ちいいだろうな!今度バイクで来るわ!」とか言いつつ、もっともっと楽しい道を知っているので結局行かずじまいになりがち。あるある。

すり抜けライダーに道ゆずりがち【バイクあるある】

ミラーにすり抜けしてくるライダーを発見すると通り道を作ってあげがち。十分通れるスペースがあっても敢えて車をずらして安全に通れるようにしがち。会釈とかハンドサインされたら喜び過ぎがち。「気をつけてね」と心の中で思いがち。あるある。

高速道路でバイクのすり抜けを安全に行う方法と注意すべき3地点

他の車とブレーキングのタイミングが違いがち【バイクあるある】

無駄にテールランプをつけない癖がついているのでなかなかブレーキ踏まないがち。
コーナー手前でしかっり減速してクリップでテールランプが消えてアクセル開けていく走りをしている車を見ると「バイク乗りかな」と思いがち。あるある。

バイクのブレーキレバーの握り方

無駄にアウト・イン・アウトしがち【バイクあるある】

いい感じのコーナーでアウト・イン・アウト意識しがち。でも使える道路の幅が狭すぎることに絶望して特に楽しくならないがち。あるある。

右直事故警戒しがち【バイクあるある】

すり抜けバイクとの右直事故を警戒しがち。バイクに乗っているとこちらが直進側なので警戒して右折がゆっくりになりがち。あるある。

左折気を使いがち【バイクあるある】

すり抜けしてくるバイクがないかミラーチェックと目視を入念にしがち。すり抜けしてくるバイクがいたら悪いなと思いつつも左に寄ってすり抜けスペース塞ぎがち。あるある。

駐車下手すぎがち【バイクあるある】

バックでいれるの面倒過ぎがち。駐車場が混んでたら頭から入れがち。あるある。

疲れなさすぎがち【バイクあるある】

車の運転楽すぎがち。「座ってりゃ目的地着くわな」と思いがち。でも楽しくないから早くバイクに乗りたいと思いがち。あるある。



まとめ


いかがでいたでしょうか。

いかがもくそもねーだわな。


【必死な】バイク乗りは車の運転時に余裕がある話【車乙!】




僕にロッコルを履かせて!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA