バイクに雨の日に乗らないと100万円得をする





雨の日にバイクに乗らないと100万円得します。

やっちゃってんな!



この記事に辿り着いた方は


・雨の日でもバイク乗ったるぜ!
・雨の日でもツーリングいったるぜ!
・降水確率60%でもツーリングいったるぜ!




というイケイケな>>>イケメンさんではないでしょうか?イケメンではないか。

僕も以前は「雨の日でも乗ったるぜ!」というイケイケなイケメンでしたが今ではただのイケメンです。今では雨の日はほとんど乗りません。ツーリングなんて絶対に行きません。




雨の日にバイクに乗っても

・お金がかかる
・趣味なのに全く楽しくない
・怪我をしたり命を失うリスクが増える


からです。詳しく?説明します。



雨の日にバイクに乗らない決意をすると買わなくてよくなるもの






・雨具  10000円
・防水グローブ  10000円
・防水ライディングブーツ  25000円
・防水インカム【音楽聞いたりお話したりできる機械】30000円
・防水バッグ系  12000円
・雨に強いパターン【タイヤの溝の形】のタイヤ  50000円
・防水ナビ50000円
・メンテナンス代40000円
・新しいバイク800000円

————————- ————————— —————-
合計:ひゃくまんえん













うむうむ!かなり大雑把に書いていますね。自覚していますよ!うむうむ!




雨対策の装備代がかからない

浮いたお金でツーリング!




雨のことを考えないと、装備は防水機能がなくてもいいものを選べるようになるので選択の幅がぐぐっと広がります。経済的に、とっても素敵なことだと思います。






防水の装備は熱がこもりやすく、暑いのでそれを選択肢から外せたりします。高いしねゴアッテックス(; ・`д・´)



雨具とかバイクのために用意するなんてね・・・。とっても一般的なことなんですが、僕からすると








カッパ着てバイク乗るなんて愚の骨頂
頭悪すぎ太郎





バイク装備に防水機能なんて愚の骨頂
頭悪すぎ太郎










と言う感じです。それくらいタコイことだと思ってます。いやマジで。




こんなん楽しいわけねーだろ





新説!ツーリングに雨具を持っていかないは>>>こちら




雨の日にバイクに乗ると、車体にとっても良くない





雨に濡れることで経年劣化が早まります。錆びます。洗車や注油のメンテナンスサイクルが増えます。 各パーツもどんどん傷みます。濡れた路面でコケます。 修理します。故障が増えます。結果バイク壊れます。はい、はちじゅーまん。



バイク買取一括無料査定 バイクブロス愛車無料一括査定





濡れた路面は本当に危ない

僕なら晴れた日に来る



上の2つの「装備代が高くつく」「メンテナンス代が余計にかかる」なんてのは所詮お金の問題です。


バイクで転んで怪我をしたり命を失ってしまってはお金で解決できません。
雨の日は転倒のリスクがばばーんと上がります。



濡れた路面では怖くてバイクをバンク【傾けること】させることができません。そんな危険で楽しくない状況でどうして趣味のツーリングに行くのでしょうか。僕には全く理解ができません。雨の日にツーリングしている方を見ると>>>頭をノックして中身が入っているか確認したくなります。












・・・・・・








まとめ






かなりかなーり大雑把に書いています。自覚してます。



ツーリングの荷物は少ない方がいい。
・バイクは雨の日乗りません。
・路面が濡れているので乗っても全く楽しくありません。まじで危ないだけ。
・乗った後の洗車が大変。
・注油(必要な部分に油を指すこと)も大変。

・バイク錆びる
・カッパとか防水装備高い。







それくらい雨の日には乗らない方がいいよってことです。






天気によってツーリングに行かない自分ルールを作るは>>>こちら







雨が降ってきたらツーリング中止して帰って装備干してシャワーしてオコブロ読みましょう




こんな>>>フィクションブログ読まねーってか!おお!?








僕にロッコルを履かせて!




↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

バイクに雨の日に乗らないと100万円得をする” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です