「バイクに荷物を積載する最悪の方法がリュック」を証明する5つの理由

過去記事から順に読み上げ機能を実装しています。 チャンネル登録はこちらのバナーから!

バイクのリュックは最低最悪の選択









この記事に辿り着いた方は



・バイクに荷物を積む方法はどんなのがあるんだろう
・ツーリングに行きたいけど荷物の積載の仕方が分からない
・家にあるリュックでいいか!みんな使ってるみたいだし!
・バイク専用のバッグは高いから買いたくない
・バイクの積載の答えが欲しい!




と言う方ではないでしょうか。


車と違ってバイクは荷物を積むスペースがほとんどないので、後付けで積載スペースを確保しなければなりません。

僕も長年悩んできました。最初はシート下の収納スペースに鬼詰めしたり、ポケットに鬼詰めしたり、大小様々、色んな積載方法を試してきました。




僕のように遠回りすることなく、あなたが最短距離&無駄な出費なしで最高の積載に辿りつけるように答えを導きだしていきます。




これじゃあ楽しいツーリングも台無し!










人馬一体となって駆け巡るバイクですから、下手に積んで人馬一体感を損ねたくないですよね。積む方法によってはツーリングの疲労に雲泥の差がでてきます。


「バイクに荷物を積載する○○」シリーズの記事ではよくある、よくみる積載方法を僕の経験から考察して答えを導き出していきます。



あ、ちなみに答えはシートバッグです。






シートバッグが何故最高なのか理由が知りたい方は


「バイクに荷物を積載する最適解はシートバッグ」を証明する7つの根拠 >>>こちら
バイクに荷物を積載する最適解がシートバッグである理由 は>>>こちら


そんなんいいからどのシートバッグがいいのか知りたいせっかちな方は


お土産を買わない日帰りツーリングにおすすめのシートバッグ1選 は>>>こちら
お土産を買う日帰りツーリングにおすすめのバイクシートバッグ1選 は>>>こちら
【至高逸品】ロングツーリングにおすすめタナックスシートバッグ1選 は>>>こちら
タナックスシートバッグ4種徹底比較!自分に合ったバッグの見つけ方 は>>>こちら














シートバッグ以外の積載方法が何故ダメなのか、根拠を示して記事にしているので理由が欲しい方は



バイクに荷物を積むのにタンクバッグをすすめないたった1つの理由 は>>>こちら
「バイクに荷物を積載する最悪の方法がリュック」を証明する5つの理由 は>>>こちら
バイクに荷物を積むのにウエストバッグをすすめないたった1つの理由  は>>>こちら



を読んでみてください。



今回は最低最悪のバイクにリュック 回です









よくリュックを背負ってツーリングをしている人をみかけます。ツーリングでリュックを使うことのメリットとデメリットを挙げて考察してみます。





ネットによく書いてあるメリットとデメリットを列挙して、その横に僕の考えを書き込んでいくスタイルでお送りします。


バイクにリュックのメリット



〇小物等の整理整頓が簡単にできる
〇バッグの中身にアクセスしやすい
〇大容量の荷物を楽に持ち運べる
〇腰で支えられるベルトがついているものは肩が楽ちん
〇プロテクターとしての役割を兼ねる
〇普段使いのものが使える





ネットの情報だけだと良さそうな雰囲気がバンバン出てますね。まあリュックは最低最悪なんですけどね。これじゃあ初心者さんが真に受けてリュックでツーリング行って疲れちゃいますね。





小物等の整理整頓が簡単にできる


→むしろし辛いです。サイドポケットのことを言ってるのでしょうか。
リュックの中ってそんなに小分けができるほど分かれてないですよね。何を根拠に小物の整理整頓が簡単にできるのかリュック特有の理由を教えて欲しいもんです。

リュックの中身にアクセスしやすい


→いちいち降ろしてアクセスするのでむしろしづらいです。中身もガサっと入れる感じになるので出しづらいです。
腰のベルト外して、リュックを降ろして、大して小分けにできない中にアクセスしやすいとはどういう了見なのでしょう。意味不明。

大容量の荷物を楽に持ち運べる


→大容量=重いものを体に背負って楽に運べるとはこれ如何に。
体に背負うのに大容量の重いものじゃいかんでしょ。楽なわけないでしょ。論理破綻。日本語破綻してますよこんなの。綿でも運ぶんか。

腰で支えられるベルトがついているものは肩が楽ちん


→腰も楽ちんでしょうか。肩にかかる負担が他のところにいくんだとは考えないのでしょうか。エネルギー保存の法則を真っ向否定していますよね。肩には常にベルトがのしかかってますよね。ちょっと言ってる意味わかんないすね。

プロテクターとしての役割を兼ねる


→わかる。これはリュックの唯一のメリットではないでしょうか。荷物というクッション入りのプロテクターですから万一のときはかなりの効果が期待できます。
しかしこれはリュックのデメリット全てを上回るほどのメリットでしょうか。
僕が持っている天秤にかけるとそうではありませんでした。脊髄パッド入りのプロテクター、ジャケットを装備するだけで僕は大丈夫ですね。

普段使いのものが使える


→わかる。バイクのために積載グッズを新たに購入しなくてもいいのでお財布に優しいですよね。でもそんなことのために肝心の「バイクを楽しむ」ということから遠ざかっては本末転倒だと思いませんか?リュックは確実に遠ざかりますよ。




ではお次にデメリットを見て行きましょう。

バイクにリュックのデメリット



ウエスポーチの回でもそうでしたが、ネット上にあんまりデメリットって載ってないんすよね。なんでかというと「オススメした商品を買って欲しいから」なんです。わざわざ時間を割いてリュックの記事を書いたらリュックを買って欲しいわけですよ。だからあまり悪いことは書かないんです。多分。リュックなんて最低最悪のグッズなんですけどね。まあいいや。


ネットに落ちてたデメリット

ノートPCなど四角いものは苦手


→どこに何をしにいくのでしょうか。ツーリング先にPCを持っていかなければならない局面が想像できません。デメリットとして挙げる意味がわからりません。スタバでぼーっとして記事書いてたのかな?コーヒーが足りてないぞ!

両肩に荷物の重量がかかるためしんどい


→わかる。というかこれが全て。 疲れるし蒸れて暑いし、いいことなし!


僕の考えるデメリット



ネットではあまりデメリットが落ちていないので僕が思いつくデメを書いていきます。


体の動きが制限される



→体に着けるということは多少なりとも体の動きを制限します。ライディングに影響がでます。走っているとずれてきて気になるし、シートの後ろに座ってコーナリングに備えたいのにリュックがつっかえます。左右の腰の動きも同様にいちいちつっかえてバイクの操作どころではありません。この理由だけでツーリング装備として落第です。これが最低最悪足る所以です。


荷物を入れれば入れるだけ疲れが増す



→水分補給のペットボトルやお土産など、荷物は増えることはあっても減ることは滅多にありません。荷物が増えれば増えるほど疲れは増えていきます。ただでさえどんどん疲れていくのに。

後半追い込むタイプなの?なんなの?リュック背負ってるライダーってなんなの?


 

肩が刷れる


→肩はすれるし、蒸れるし、脇汗はかきやすくなるし・・・。

 

普段使いのリュックが排ガス臭くなる


→別に洗えばいいんですけどね。お気に入りのリュックはツーリングに持っていけませんね。ってことは「バイク用のリュック」を新たに買う?いやいやそしたらシートバッグ買ったほうがいいですよね。

 

荷物が取り出しにくい



→メリットの反論で書いた理由と同じです。欲しいものがリュックの一番下に入っていたらもう大変。文字通りひっくり返してどうぞ。

バイクにリュックは最悪




もー無理。リュック捨てて帰るわ。







はっきり言ってリュックは最下位です。「体の動きが制限される」が入ると、もーツーリンググッズとしては落第と思っているのですが、更に「疲れる」「荷物が取り出しにくい」などもはや苦行レベルのものです。



立派なライターさんがこれだもの・・・もう何も信じられない。この人も僕と同じで脳内ライダーなのかな・・・。


リュックでツーリング行ったこともあるけど
背負うって発想はハナからなかったなあ・・・
この積み方は荷物取り出しにく過ぎてすぐ却下になりました



バイクにリュックの超くだらない裏技





「 肩紐をかなり長めにしてリュックサックをシートの上に乗せて、肩紐は肩に添える程度の重量負荷にすると楽」との裏技があるようですが、そこまでするなら、シートバッグに入れて重量負荷全てを何十馬力もあるバイクにお願いすればいいのに。
ちょっと頭足りなさ過ぎですね。裏技っていうか最初からリュックなんてしょーもないもん使わないから!



バイクにリュックでツーリングしている人は多い




チェックのシャツ、ジーパン、ノーグローブ、スニーカー、リュック、右足接地のフルコース!








昨日ツーリング先に大きいタンクバッグを着けて、リュックを背負っているライダーがいました。僕には無理ですね。前門の虎、後門の狼。あれじゃぁ体動かねーだろ。



以前、どうしてもスタイル的なこと(モタードに乗ってらっしゃった)でリュックを背負いたいという初心者の方とツーリングに行きました。もちろん反対しましたが本人の問題ですし、確かにカッコいいリュックだったのでそのまま行きました。


100キロも走らないうちに「宅急便で送りたい」「リュック捨てたい」「中身がないと困るから捨てられない」「もっと走りたいのに」と仰っていました。

間違いなく一番お薦めしない積載方法です 。



バイクにリュックがいい場合もある



と、かなりボロクソに、といっても全て事実なんですがボロクソにリュックのことを書きましたが、リュックが超使える場合もあります。それは


通勤通学など、街乗りのとき(バイクに移動手段として乗っているとき)










通勤、通学のときは「道を楽しもう」だとか「ライディングを楽しもう」という気持ちはありませんよね?そういうときは自宅で必要なものをババっと詰め込んでそのままバイクに跨れるリュックはとても重宝します。

実は僕も通勤でバイクを使うとき用にそれ専用のリュックを持っています。雨に濡れても大丈夫なやつ。普段散々「雨のなかツーリングするやつはタコだ」とか言っていますが、たまに小雨だと通勤しています。「バイクに乗る楽しみ」を求めていないからです。


ちなみに僕が使っているリュックはこちら。




排水のためのドレインが着いているのが最高にクールだったのでこれにしました。万が一のときは水を入れて運べます。どんな状況だよ・・・。サイドポケットとか全くついていない「背負える袋」って感じですね。



STREAM TRAILというメーカーを知らなかったのですが、成田空港に行ったときにカフェかなんかでパリダカラリーの特集をやっている横でSTREAM TRAILのリュックが専売されていたのでなんとなくバイク用の名の通ったとこなのかなーと思いました。買ってから8年くらい経ちますがまだまだ現役ですよ。オススメ。



リュック背負って通勤すると運転しづらくて嫌いですけどね。荷物が多いときだけです。通勤と言えどもなるべく背負いたくないです。



結局広告貼ってんジャン僕・・・。まあ、いいものなんで臨機応変にね!(勝手)


リュックを背負ってツーリングしている人を見て僕が思うこと


初めてのツーリングかな?





だって普通にバイクに乗って、普通の頭が乗っていたらリュックでツーリングなんてしないすもん。見かけたら初めてツーリングに来た超初心者さんだと思いますよ。


同じ理由で

・真夏に半袖でツーリングしている人なんかも






初めてのツーリングかな?






と思いますね。日焼けするじゃん。




半袖短パン!元気!







バイクにリュックまとめ





リュック最悪・・・
疲れたわー








いかがでしたでしょうか。ツーリングにリュックを背負っていくことが如何に理にかなっていないか伝わりましたでしょうか。






もしあなたがツーリングにリュックを使ってみて「こりゃいいや!最高!」と思ったのであればご自身のライディングを見直したほうが今後のあなたのバイクライフのためになります。




リュックを体につけた状態でいつも通りバイクを操作できるということは普段その程度のライディングしかできていないってことだと僕は考えます。







レンタカー借りなきゃ…









あくまで「僕の答え」です。マリアナ海溝より深い理由で僕と違う答えに辿りついて使ってらっしゃる方もいると思います。ご了承下さい。



「バイクに荷物を積載する最適解はシートバッグ」を証明する7つの根拠 は>>>こちら
バイクに荷物を積むのにタンクバッグをすすめないたった1つの理由  は>>>こちら
「バイクに荷物を積載する最悪の方法がリュック」を証明する5つの理由 は>>>こちら
バイクに荷物を積むのにウエストバッグをすすめないたった1つの理由  は>>>こちら
バイクに荷物を積載する最適解がシートバッグである理由 は>>>こちら



僕にロッコルを履かせて!





あなたのカラフルなバイクライフはここから免許の申し込みをするところから始まります。合宿の日程調整?あん?人生に必要のないバイク趣味を始めるには勢いが大切です。申し込めばあとは物事がどんどん前へ進んでいきます。あなたが勢いを出すのはまさに今です。では来月から良いバイクライフを・・・                                                          >>>あなたに合ったコースをご用意『合宿免許受付センター』

「バイクに荷物を積載する最悪の方法がリュック」を証明する5つの理由” に対して1件のコメントがあります。

  1. ピンバック: ツーリング時の積載:タンクバッグ – okoblo
  2. ピンバック: ツーリングのバッグの答え – okoblo
  3. ピンバック: ツーリング時の積載:ウエストバッグ – okoblo
  4. ピンバック: ツーリング時の積載:シートバッグ – okoblo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です