バイクに荷物を積載するおすすめしない方法:タンクバッグ





SS以外なら大丈夫だけど答えではない






この記事に辿り着いた方は



・バイクに荷物を積む方法はどんなのがあるんだろう
・ツーリングに行きたいけど荷物の積載の仕方が分からない
・家にあるリュックでいいか!みんな使ってるみたいだし!
・バイク専用のバッグは高いから買いたくない
・バイクの積載の答えが欲しい!




と言う方ではないでしょうか。


車と違ってバイクは荷物を積むスペースがほとんどないので、後付けで積載スペースを確保しなければなりません。

僕も長年悩んできました。最初はシート下の収納スペースに鬼詰めしたり、ポケットに鬼詰めしたり、大小様々、色んな積載方法を試してきました




僕のように遠回りすることなく、あなたが最短距離&無駄な出費なしで最高の積載に辿りつけるように答えを導きだしていきます。



こんなんじゃツーリング行けん!






人馬一体となって駆け巡るバイクですから、下手に積んで人馬一体感を損ねたくないですよね。積む方法によってはツーリングの疲労に雲泥の差がでてきます。


「バイクに荷物を積載する○○」シリーズの記事ではよくある、よくみる積載方法を僕の経験から考察して答えを導き出していきます。



あ、ちなみに答えはシートバッグです。






シートバッグが何故最高なのか理由が知りたい方は


シートバッグは>>>こちら
積載の答えは>>>こちら


そんなんいいからどのシートバッグがいいのか知りたいせっかちな方は


日帰りツーリング用シートバッグの答え(お土産買わない場合)は>>>こちら
日帰りツーリングのオススメシートバッグの答え(お土産を買う場合)は>>>こちら
泊まりツーリングシートバッグの答えは>>>こちら
MOTOFIZZ全シリーズ、購入までの考え方は>>>こちら










シートバッグ以外の積載方法が何故ダメなのか、根拠を示して記事にしているので理由が欲しい方は

タンクバッグは>>>こちら
リュックは>>>こちら
ウエストバッグは>>>こちら

を読んでみてください。



今回はタンクバッグの回です




タンクバッグがあったら伏せられないよ・・・




結構使ってる方見ますよね。ツーリング慣れしているライダーが、地図とか入れて使っているイメージです。ツーリングでタンクバッグを使うことを考察してみましょう。





ネットに書いてあるメリットとデメリットを列挙して、その下に僕の考えを書き込んでいくスタイルでお送りします。



メリット





〇バイクの重心変化が少ない
〇 地図を見るときに視線移動が少ない
〇 常に荷物を確認できる
〇 荷物の出し入れが容易
〇 ツーリングマップルを入れられるものが多い



なかなか良さげー!おったまげー!では突っ込みいれていきましょう。






〇バイクの重心変化が少ない


→高い位置に積むのに?ガソリン満タンにしても乗り味が変わるのに?荷物を積むとある程度は重心の変化がでますが「タンクバッグはそれが少ない」と言うことはないと思います。根拠が知りたいですね。理由を求めて生きている僕としてはね。


〇 地図を見るときに視線移動が少ない


→これは真っ赤な嘘ですね。マジで。経験ありますけどかなり下を見ないとみれないですよ。頭は前を見ながら視線だけタンクにある地図をみるなんて無理。白目むいちゃう。なので安全に見られるのは信号待ちのとき位です。というか今はスマホでいけますからね。




〇 常に荷物を確認できる


→常に確認する必要性ってあります?そんなに心配性ならバイク乗れないでしょ。多額の現金でも運んでんかーい!送金しろやーい!


〇 荷物の出し入れが容易


→これはわかる。まあでも料金所の小銭やクレカはポケットで事足りるけどね。休憩中なら荷物の出し入れは他のものと大差ないと思いますけどね。僕としては。


〇 ツーリングマップルを入れられるものが多い


→2泊以上のツーリングでなければツーリングマップルは持って行かないなあ。持って行くにしてもシートバッグに入れちゃうし。バリッとツーリングプランを計画して行くからツーリングマップル開くのは宿泊だけだし。

デメリット






〇 視界やハンドル操作を妨げる場合がある
〇 スチールタンクでないと使えない
〇 風圧で飛ぶことがある
〇 給油のときにずらす必要がある



デメにも突っ込みいれていきます。それっぽいこと書いているけど全然的外れなものもあるしね。バイクの先輩方は結構頭があれですわね。とブログを始めてから思っております生意気僕。



〇 視界やハンドル操作を妨げる場合がある


→すっごくわかる。視界を妨げるほど超大容量なタンクバッグはさすがに存在しないと思いますが、腕に干渉するタンクバッグはたくさんあります。まじで邪魔。体制を変えないでコーナリングしていく方には関係ないかもしれませんが・・・。

〇 スチールタンクでないと使えない


→吸盤式もありますよ。ご存知ない?脳内ライダーかな?かなりメジャーですよ。

〇 風圧で飛ぶことがある


→わからなくはないけど・・・何km/h巡航するつもりなんですかね?だいたい落下防止の紐もついているし・・・。わざわざ考えるような問題じゃないと思うんすけど先輩・・・。飛ばないすよ・・・。

〇 給油のときにずらす必要がある


→すごくわかる。ちょっと手間取るのが申し訳なくてフルサービスのガソリンスタンドを敬遠しがち。セルフでゆっくり入れたい・・・。






料金所などでバイクに乗ったまま物が取り出しやすいはやすいのですが、精々小銭かクレジットカードくらいです。一日に何十回料金所で支払いがあるのでしょうか。そんなもんはポケットに裸で入れていればいいんです。




僕は左のポケットに財布を入れ、(右利きなので)右のポケットに1000円札1枚とクレカを入れています。1000円札はカードが使えない有料道路用です。


基本カードを渡すだけ






僕はコスパ最強の楽天カードマン!



お金もかからないしポイントざくざく貯まって
コスパ最強!
上のバナーから申し込んでくれよな!




僕も使っていたタンクバッグ








ツーリンググッズで試行錯誤していたVFR400R時代に試してみました。かなり前傾がきついバイクだったのでタンクバッグが邪魔で話になりませんでした。



給油も面倒だし。結果、地図を入れられる部分だけ分離させてシガーソケットを付けてガラケーを突っ込んで、今で言う「ナビマウント」として使っていました。ただ、首をかなり下に向けないと画面が見えないので危なかった、苦労したことを思い出します。


ネイキッドやオフロード車など前傾のきつくない車種にはいいかもしれませんが給油時の手間などがあるので最良の答えではありません。




こんな薄いやつでナビ見る程度でした。
荷物入れるを邪魔で邪魔で・・・


まとめ




タンクバッグ邪魔すぎ・・・
楽しくない・・・


いかがでしたでしょうか?


バイクに取り付けるのでリュックやウエストポーチよりはだいぶマシですがシートバッグと比べるとだいぶ落ちます。

わざわざ買うものではないですよ。かっこいいタンクも見えなくなるしね!






※あくまで「僕の答え」です。僕が思いもよらない何かしらの理由でSSに使っている方もいると思います。ご了承下さい。



シートバッグは>>>こちら
タンクバッグは>>>こちら
リュックは>>>こちら
ウエストバッグは>>>こちら
バッグの答えは>>>こちら

僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

バイクに荷物を積載するおすすめしない方法:タンクバッグ” に対して1件のコメントがあります。

  1. ピンバック: ツーリング時の積載:シートバッグ – okoblo
  2. ピンバック: ツーリングのバッグの答え – okoblo
  3. ピンバック: ツーリング時の積載:リュック – okoblo
  4. ピンバック: ツーリング時の積載:ウエストバッグ – okoblo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です