バイクに荷物を積載するオススメしない方法:ウエストバッグ ウエストポーチ ヒップバッグ 

バイクにウエストバッグを使うのは気軽でいいかもしれないが僕はお薦めしない



この記事に辿り着いた方は



・バイクに荷物を積む方法はどんなのがあるんだろう
・ツーリングに行きたいけど荷物の積載の仕方が分からない
・家にあるリュックでいいか!みんな使ってるみたいだし!
・バイク専用のバッグは高いから買いたくない
・バイクの積載の答えが欲しい!




と言う方ではないでしょうか。


車と違ってバイクは荷物を積むスペースがほとんどないので、後付けで積載スペースを確保しなければなりません。

僕も長年悩んできました。最初はシート下の収納スペースに鬼詰めしたり、ポケットに鬼詰めしたり、大小様々、色んな積載方法を試してきました




僕のように遠回りすることなく、あなたが最短距離&無駄な出費なしで最高の積載に辿りつけるように答えを導きだしていきます。





行商か・・・




人馬一体となって駆け巡るバイクですから、下手に積んで人馬一体感を損ねたくないですよね。積む方法によってはツーリングの疲労に雲泥の差がでてきます。


「バイクに荷物を積載する○○」シリーズの記事ではよくある、よくみる積載方法を僕の経験から考察して答えを導き出していきます。



あ、ちなみに答えはシートバッグです。






シートバッグが何故最高なのか理由が知りたい方は


シートバッグは>>>こちら
積載の答えは>>>こちら



そんなんいいからどのシートバッグがいいのか知りたいせっかちな方は



日帰りツーリング用シートバッグの答え(お土産買わない場合)は>>>こちら
日帰りツーリングのオススメシートバッグの答え(お土産を買う場合)は>>>こちら
泊まりツーリングシートバッグの答えは>>>こちら
MOTOFIZZ全シリーズ、購入までの考え方は>>>こちら











シートバッグ以外の積載方法が何故ダメなのか、根拠を示して記事にしているので理由が欲しい方は

タンクバッグは>>>こちら
リュックは>>>こちら
ウエストバッグは>>>こちら

を読んでみてください。



今回はバイクにウエストバッグ回です






ウエストポーチ、ヒップバッグともいいますね。


ここでは ウエストポーチ 、ヒップバッグも含め「体に取り付ける小型のバッグ」全般にあてはまることを書いていきたいと思います。





ベテランのライダーがつけているイメージです。ツーリングでウエストポーチを使うことを考察してみましょう。








ネットでよく書いてあるメリットとデメリットを列挙してその下に僕の考えを書き込んでいくスタイルでお送りします。




メリット


〇物を落とす心配がない
〇 両手をあけることができる
〇 着脱の手間がかからない
〇 お財布だけ持っていくのに便利
〇 肩に負担がかからないため、極めて楽
〇 料金所での出し入れがスムーズに行える
〇 バイクから降りたときの持ち運びに便利
〇バイクの印象を変えないで済む




おお、なんだかとっても良さそうだぞ・・・。一見するととっても良さそう!この項目1つ1つに僕の見解(つっこみ)を入れていきまーす!ちなみにこれ、本当にネットに書いてあった情報ですので戦慄してください。



〇物を落とす心配がない

→意味不明。どんなバッグでも可能性はあります。ウエストバッグは可能性がないというのであれば全てのバッグが落す可能性がないことになりますね。全くもって意味不明。わけわかめ。謎の供述。


〇 両手をあけることができる
 
→逆に空けることができないバッグはなんだろう。セカンドバッグ?ヤーさんかよ。ヤーさんでもセカンドバッグでツーリング行かないでしょ。
多分休憩中のことを言っているんだろうとは思いますが他のバッグも同じじゃね?やっぱりセカンドバッグかよ。


〇 着脱の手間がかからない

→わかる。バイクを降りてすぐ行動できますね。お家を出るのも気軽だし、休憩中もつけていられる!防犯もバッチリだけど全ての荷物を持ち歩くから疲れもバッチリ!


お財布だけ持っていくのに便利

→ジャケットにポケットはないのでしょうか。ジャケットを着ないのでしょうか。財布専用のウエストバッグって・・・。意味不明の供述。


〇 肩に負担がかからないため、極めて楽

腰に極めて負担かかりますよ。ウエストバッグが楽っていってる人って人馬一体的なことは無視してんすかね。山走ってるとき楽しいの?体になにかしらつけるってことは体に重しをつけるのとイコールではないでしょうか?


〇 料金所での出し入れがスムーズに行える

→なんとなく言いたいことはわけるけど、ジャケットにポケットはないのでしょうか。ジャケットを着ないのでしょうか。 ていうか今時バイクにETCつけてないのって僕くらいじゃないですかね?そんな僕でも料金所ではポケットからクレジットカードやETCカードを手渡すだけなのでスムーズに通れますよ。グローブはつけたまま。

首都高の支払いはクレジットカードは使えないけどETCカード手渡しで通過できますは>>>こちら


〇 バイクから降りたときの持ち運びに便利

→わかる。着脱の手間がかからないと同じですね。逆に考えると休憩中も全ての荷物を持ち歩かなければならないので少しだるいかな・・・。でも防犯上は最高すね。疲労も最高!


〇バイクの印象を変えないで済む

→わかる。バイクにつける積載方法はバイクのシルエットを崩すんですよね。そことのバランスも積載方法選びには大切です。要は「見た目」をとるか「機能性」をとるかです。両者を天秤にかけなければならないすね。




お次はネットに落ちているデメリットを拾って考察していきましょう。

デメリット






何故かデメはあまり書いているものがなかったです。ないんかーい!もしかして超絶最高の積載方法だったりして!




全くそんなことはありません。こんなもん下の中の積載方法ですよ。








僕が思うデメリット



僕が考えるウエストバッグのデメリットは「体に着けるから」のみです。と言うか積載を考える上で最も大切なことだと考えています。







自分の体に物を括り付けるのと、バイクに括り付けるのとどちらが疲れにくいかは考えなくても分かりますよね。


僕はウエストバッグを試したら腰が痛くなりました。


しかも水分補給のペットボトルやお土産など、荷物は増えることはあっても減ることは滅多にありません。荷物が増えれば増えるほど疲れは増えていきます。ただでさえどんどん疲れていくのに。


それと、体に着けるということは、かなり体の動きを制限します。ライディングに影響がでます。走っているとずれてきて気になるし、シートの後ろに座ってコーナリングに備えたいのにバッグがつっかえます。左右の腰の動きも同様にいちいちつっかえてバイクの操作どころではありません。



この理由だけでツーリング装備として落第です。僕は一度使ってから二度と使っていません。









料金所などでバイクに乗ったまま物が取り出しやすいはやすいのですが、精々小銭かクレジットカードくらいです。一日に何十回料金所で支払いがあるのでしょうか。そんなもんはポケットに裸で入れていればいいんです。


僕は左のポケットに財布を入れ、(右利きなので)右のポケットに1000円札1枚とクレカを入れています。1000円札はカードが使えない有料道路用です。


別に苦じゃないよね。
カード渡すだけだからね・・・






僕はコスパ最強の楽天カードマン!

上のバナーから契約してくれよな!
お金かかんないしポイントもらえるでな!













休憩のときにバイクからすぐ離れられるのも大きなメリットとは思いません。乗っている時間の方が圧倒的に長いのですから「乗っているとき」にフォーカスを絞って考えなければなりません。乗っているときに如何に快適かを考えるべきだと思います。




ベテランさんが使っているのか僕には全く理解できません。ただバイク歴長いだけじゃねーのって思ってしまいます。ちゃんと経験積み重ねてる?





普段使いですでにウエストバッグを持っている方は一度試してみもいいかもしれませんね。そして乗りづらくてすぐ使わなくなると。わざわざツーリング用に買うのはもったいないですよ。









まとめ




如何でしたでしょうか。

気軽に使えるけど積載能力はとっても低いし、体の動きを制限するし・・・僕は全くオススメしません。



もしあなたがウエストバッグを使ってみて「こりゃいいや!最高!」と思ったのであればご自身のライディングを見直したほうが今後のためになります。


ウエストバッグを体につけた状態で、いつも通りバイクを操作できるということは普段その程度のライディングしかできていないってことだと僕は考えます。




本当にバイク楽しい?
本当にそう思える?



あくまでも「僕なりの答え」です。デメリットを上回るメリットを見つけている方もいると思うのでご了承下さい。



シートバッグは>>>こちら
タンクバッグは>>>こちら
リュックは>>>こちら
ウエストバッグは>>>こちら
積載の答えは>>>こちら




僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

バイクに荷物を積載するオススメしない方法:ウエストバッグ ウエストポーチ ヒップバッグ ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です