簡易的なヘルメットの洗い方

外した内装を洗濯ネットに入れて洗濯機で



「ヘルメット洗うのいちいち面倒だなー」と思ているあなた。毎回がっつり洗わなくても内装だけ綺麗にすれば楽ですよ。





僕も以前は毎回がっつり手洗いで洗っていましたが特に夏はきりがないので止めました 笑

今回は気軽にヘルメットを洗える方法を共有します。まあ一般的ですが。



自分の汗は他人のそれよりきれいだと思い込む


真夏だとツーリングの度にヘルメット洗うようですよね。毎回がっつり洗っているととっても面倒です。


ツーリング一回分のヘルメット汚れなんて、その日着ていた服と同じくらいでしょう。自分の汗は人一倍きれいだと思うことにしましょう。

ということでその日着ていた服は洗濯機で洗うのでヘルメットも一緒に洗濯機で洗ってしまいましょう。

ヘルメットの内装だけを洗濯機にぶち込んで終わり



ポチっとなー




内装を外せるだけ外して、洗濯ネットに入れて内装だけを服と一緒に洗濯機で洗うだけです。




内装の外し方は「(ヘルメット名) 内装 外し方」でググれば出ますよー。頭とほっぺた部分が取れるハズ。




洗剤はもちろん普通の洗濯洗剤、すすぎも脱水もなにも気にせずいつも通りまわしてオッケーです。



帽体とシールドは適当に水拭きして終わり



帽体とシールドは水拭きして汚れを落とすだけです。
あご紐をいよいよ洗いたくなったらがっつり洗うのでこの「簡易的な洗い方」のときは洗いません。手間と汚れ具合のバランスです。




洗い終わったら陰干し。夜外に干しちゃいますね。調子がいい真夏の夜だと朝まで乾いていまいますよ。ヘルメットを頻繁に洗いたいのは真夏なのでタイミングばっちり!







〇まとめ

・内装は洗濯ネットに入れて洗濯機
・本体は水拭き
・アゴ紐が臭くなったらガッツリ洗う



いかがだったでしょうか。

アゴ紐の限界が来なければこの洗い方で十分ですよ!真夏も快適にツーリング行きましょう!






バイクのヘルメットに使うケミカル代がほぼタダになる代用品の紹介は>>>こちら
バイクのヘルメットに消臭スプレーをおススメしない理由は>>>こちら
ヘルメットの洗い方~がっつり丁寧に編~専用クリーナー(笑)なんていらないよは>>>こちら
簡易的なヘルメットの洗い方は>>>こちら
ツーリング休憩中のヘルメットの置き方の答え(もう一つの答え)は>>>こちら
ツーリング休憩中のヘルメットの置き方の答え(推奨)は>>>こちら
バイクのヘルメット、メーカーイメージは>>>こちら
ヘルメットの耐用年数は購入から3年ですがは>>>こちら
ヘルメットサイズの選び方は>>>こちら
結局ヘルメットのシールドはクリア、スモーク、ミラーどれがいいのか答えは>バイク用のヘルメット規格については>>こちら
Bluetoothレシーバーとスピーカーのヘルメットへの取り付け方は>>>こちら

僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

簡易的なヘルメットの洗い方” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です