バイクのフロントフォークのシール類の寿命を格段に延ばす日常のメンテナンス~前置き編~

シリコンスプレーでお掃除してシリコングリスでグリスアップ予備知識的な記事




説明のイラストは倒立フォークですので、正立フォークの場合は写真やイラストを逆にしてください


フロントフォークのフォークオイルとオイルシールとダストシールのざっくりした仕組み





ここでは専門的で厳密なものではなく「素人一般ライダー」が脳内でイメージしやすいようにとっても簡素化した説明をします。というか僕も難しいことはわかりません。今まで得た知識と経験で書いています。


僕はメンテナンスできません。ということはあなたもこの程度ならできるということです。



僕のメンテナンスに対する姿勢は>>>こちら



インナーチューブに付いている黒い線状のものは
「ここまでアウターチューブが沈んでいる」
と言う目印です。ただの結束バンドです。
各部名称


こやつらの中身







インナーチューブとアウターチューブの中にオイル(フォークオイル)とバネ(スプリング)が入っています。オイルはバネが伸び縮みするときに滑らかに動けるため(セッティングで滑らかに動かないようにもできる)に入っていると考えてください。


そのオイルが漏れないようについているのが「オイルシール」。アウターチューブからオイルが漏れないように蓋をしています。


オイルシールにゴミ(ダスト)とかつかないようにするためについているのが「ダストシール」ゴミや異物が当たってオイルシールを痛めるとオイル漏れの原因になります。



加減速なく滑らかな道を走っているとき

車体が進むのに合わせてホイールが回るので
バネは伸びも縮みもしません




加速も減速もせず、滑らかな道を走っているときは車体が前進する力に合わせてタイヤが回るのでバネ(サスペンション)は伸びも縮みもせず平和に過ごしています。





フロントフォークが縮むとき



フロントブレーキをかけたとき






車体の「進もうとする力」とタイヤの「止まろうとする力」のサンドイッチになってバネが縮みます。バネが縮むと「バネの長さは短くなる」のでアウターチューブの中にインナーチューブが入っていく感じになります。




SHOWAとBuellの文字に注目してください。
距離が縮まっています。






アクセルを捻っていなくても>>>慣性の法則(車は急には止まれない法則)によって車体は進もうとします。それに対してフロントタイヤに付いているブレーキでタイヤの動きを止めようとして「とまるよー」の力が働くのでフロントフォーク内のバネが縮みます




〇道の凸に当たったときしたとき





瞬間的にバネが縮んで衝撃を受け止めます。バネは「ギュー」というより「ギュッ!」と縮みます。



フロントフォークが伸びるとき




〇直線でアクセルを開けたとき






アクセルを開けるとフロントタイヤがバイクを地面に押し付ける力が弱まります。


バイクがウィリーしている動画を見たことがあるでしょうか。極端な例があれです。



すごいパワーでバイクが前に進もうとするのでフロントタイヤが上に上がります。するとフロントフォークはバイクの車重を支える必要がなくなるので伸びます。


>>>文字通りノビノビしてますね



道の凸を通り過ぎたとき




凸を通り過ぎた瞬間、一瞬タイヤが地面から離れたようになるのでフロントタイヤがバイクを地面に押し付ける力が弱まります。


道は無数の凸凹でできています。





完全に平らな道は存在しません。常に小さい凸凹を走っています。常に小さい伸び縮みをしています。




ブレーキをかけたりアクセルを開けたりしてバイクは前に進みます。


つまり、加速、減速によってフロントフォークは常に大なり小なり伸び縮みを繰り返しているということです。

フロントフォークの動きがよく分かる動画をどうぞ


フロントタイヤとフロントカウルの距離の変化がそのままバネの伸び縮みだと考えてください。







フロントフォークが伸び縮みするとインナーチューブにフォークオイルがついてほんの少し注油される

縮みまーす
伸びまーす。


さっきアウターチューブが沈んだところまで、インナーチューブに薄っすらフォークオイルが付きます


少ーしだけインナーチューブにフォークオイルが着くということは次に縮んだときにオイルが潤滑させてくれるので縮み込みがスムーズになるということです。



伸び縮みを繰り返しては少ーしだけスムーズになっているわけです。


これは触ってかろうじてわからないくらいの油分です。すごいわかったらオイル漏れです。


もしインナーチューブに油分がなければ、オイルシールとダストシールの摩擦が増えて傷んでしまいますよねきっと。


しばらく乗っていないとこの油が落ちてしまいます。更に放置するとインナーチューブに錆が出てきます。こうなってしまうと次に乗ったときにシール類がやられてしまいます。ピッチリついているシール類に錆の凸が当たったらシールがダメになってしまいますよね。


錆がでていないにしても、しばらく乗っていないバイク(油がなくなって乾燥した状態のバイク)は最初のブレーキでインナーチューブとの摩擦でシール類がやられてしまうことが多々あります。




バイクは毎日乗った方が調子が良い」というのはこの辺りの「乾く前に乗って、また油で潤す」という事情もあります。




「フロントフォークに注油」するということはフォークオイルに頼らずに積極的にシールが滑るようにしていきましょうということなんです。




ここで使う油は「シリコンスプレー」と「シリコングリス」ですが、「シリコン系」の油は「日常の注油」に書いた通り、ゴムやシール、パッキンを長持ちさせてくれるんです。



日常の注油は>>>こちら

つまり

・錆を防いでシール類が傷むのを予防する
・潤滑をスムーズにしてシールが傷むのを予防する
・シール類にシリコン系の油を塗ることで寿命を延ばす




というトリプルの効果が期待できるということです。




いかに理にかなったメンテナンスかおわかりいただけましたでしょうか。これは自分でもやるでしょ!万一内容が理解できなくても次回の「やり方編」の通りにすればうまくいくので大丈夫です。




フロントフォークの注油のやり方は>>>こちら





僕にロッコルを履かせて!

↓両方一日一回クリックして頂ければ幸いです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です